採用情報

先輩の声

入社の経緯・入社の理由

「地元で働きたい」、「人と接する仕事がしたい」という漠然とした気持ちで就職活動を進め、業界研究をしている中で、医療機器業界に興味を持ちました。医療機器といっても様々な分野があり、たくさんの方々への健康や生活を支えていることに大きな魅力を感じました。
そのような中でアステックに入社を希望したのは、地元地域への社会貢献度の高さや、営業職として数多くの関係者の方々と出会える会社だと考えたからです。

現在の仕事・仕事の内容

心臓の血管を治療する際に使用される、カテーテルという医療機器の営業販売と、販売した商品の病院内における在庫管理業務を担当しています。お得意様である医療機関をルート営業として回り、製品の特長などを医師をはじめ医療関係者にご説明しています。商品をご使用いただいた後は、迅速に在庫を補充できるように手配し、納品するという一連の流れが、主な仕事になります。

担当業務のやりがい

現在は複数のお得意様を担当させていただいており、営業を通じて、医師をはじめとする医療スタッフや病院の事務部門を含めて、多くの方々と関わらせていただく日々を送っています。新製品が発売される流れは速く、種類も幅広いため、商品知識が追い付かないこともありますが、誰にでもご理解いただけるようなご説明を心掛けています。自分のご紹介した商品が実際の手術症例等で使用され、患者さんの治療にお役に立つ場面を目の前にしたときは、この仕事にやりがいを感じます。

これからの目標・今後のビジョン

高齢化社会の到来や、拡大し続ける医療費の抑制問題など、医療機器業界も大きな変革期を迎えています。その中においても、お得意様からのニーズを探り続け、信頼感をもってお応えできるような営業担当者として、これからも成長していきたいです。

入社の経緯・入社の理由

私が医療関係の仕事に興味を持ったのは、大好きな祖母が脳梗塞になってしまったことがきっかけでした。とても陽気で、農家の仕事を生き甲斐としてきた祖母でしたが、脳梗塞をきっかけにその仕事が出来なくなりました。そんな祖母のように、「苦しむ患者さんを救われている医療従事者の力に少しでもなりたい」と想い、アステックへ入社を希望しました。

現在の仕事・仕事の内容

現在は、狭心症や心筋梗塞の検査・治療等で使用するカテーテルという医療機器の営業販売をしています。狭心症や心筋梗塞により狭くなった血管の治療には、風船のように膨らんで血管を広げるための「バルーンカテーテル」や、広げた血管を維持するための「ステント」と呼ばれる金属の網目がついているカテーテルがあり、他にも様々な種類の商品が発売されています。そのようなカテーテルの知識を身につけて、実際に検査や治療を行う医療従事者へお役に立つ情報を提供することが私の仕事であり、大切な役割です。

担当業務のやりがい

同じカテーテルといっても各種商品が持つ特性や、どのような病変に適用が可能なのか等で使用される用途が異ってきます。より多くの知識を身につけることにより、医療従事者のお力になれる仕事はとてもやりがいを感じますし、その結果として「ありがとう!」とお言葉をいただいた際には、更に知識を深め、お役に立てるような存在になれるよう精進していこうという原動力にも繋がっています。

これからの目標・今後のビジョン

経験が浅いこともあり、まだまだ努力しなくてはいけないと感じる場面が多々あります。しかしながら、今後も携わる分野をペースメーカーや外科系にも拡げていきたいと考えています。また、現在アステックの女性営業職は私ひとりだけですので、女性営業職を希望される方々も募集中です!少しでも興味を持たれた方がいた場合は、一緒に医療従事者の方々へ貢献できるやりがいのある仕事を実現していきましょう。

入社の経緯・入社の理由

前職が医療系の事務職だったこともあり、医療に携わる仕事がしたいと思っていました。元々、人のサポートをすること自体が好きだったため、アステックの事務職の募集を見たときには、その両方が叶う会社だと思って入社を希望しました。

現在の仕事・仕事の内容

私が勤める千葉営業所では、千葉県柏市を中心に千葉県・埼玉県・茨城県などの主要病院の循環器内科・外科で使用されている医療機器関係の発注業務や、売上計上等をはじめとして、社内で行われる業務全般を経験することができます。

担当業務のやりがい

入社当初は専門用語も多く、わからならないことばかりで日々勉強の繰り返しでした。大変だと感じることも多かったのですが、それだけ自分自身の業務習得に対するスキルアップを実感できると思います。また、私の業務は患者さんと直に接する機会はありませんが、住んでいる地域の病院様へ自分が携わっている商品が届き、患者さんの治療へ役立てられているという仕事に、とてもやりがいを感じています。

これからの目標・今後のビジョン

今までの営業事務職で得られたノウハウを、後進の育成や組織力の底上げに貢献したいと思っています。平時だけではなく、緊急事態の際にも、いつもと変わらない良質なサービスを営業職のみなさんに提供ができ、最大限のパフォーマンスを引き出せるように自分自身の知識向上を図り続け、サポート力を高めていきたいと思っています。

関連リンク